最初に泊まったゲストハウスはサムヤーンという駅名だったはずです。

学校のような建物があり、屋台もにぎわっているような場所だった…記憶があります^^

e0370699_12550074.jpg
↑タイのお坊さんたち。
最初見た時は、何故オレンジ色!?と思いましたが、1か月も暮らすとなれるものですね。

女性の尼さんは白い衣をまとっているのだとおもいます。(記憶では)

でもやはりお坊さんは男性の方の方が圧倒的に多いと思います。
そして、タイの電車での優先席は、プライオリティーでいうと、僧侶の方に席を譲るのが一番なんだそうです。何故かというと、タイのお坊さんは女性に触れてはいけないから電車の中で揺られて触れてしまった…!なーんてことがないようにするためらしいです。

e0370699_12550473.jpg
これも何て書いてあるのかはわかりませんが、看板です笑

e0370699_12552019.jpg
私が毎日お世話になった屋台の少女です。
「アイスコーヒー・プリーズ」というと
「アイ・カフィ?」
といって笑顔で作ってくれていました。
タイに来て思ったのは、ほとんどの屋台という屋台が、コーヒーはネスレのインスタントコーヒーなんですよね。
インスタントコーヒーにガムシロップと練乳のようなものを入れて提供するのが主流らしいです。

タイに行くと、緑茶ですら甘いのですよ。(まぁそれはヨーロッパ圏でも同じだとは思いますが^^;)
でも1か月もいると、不思議と味覚もタイ仕様になっていくもので、甘いコーヒー、緑茶もを受け入れられるようになりました!!


1週間サムヤーンには宿泊しましたが、最後別れる時も少女に挨拶するととても悲しそうにしていました^^

だって、アイスコーヒーを頼まない日も屋台の前を通っただけで
「おーい!今日はアイスコーヒーいらないの?!」と追いかけられたくらいですから笑

いい思い出です^^

[PR]
by freedom-com | 2017-07-03 13:06 | タイ | Comments(0)

バンコクは都会!

e0370699_13360969.jpg
e0370699_13360548.jpg
e0370699_13360128.jpg

バンコクはとても生活しやすかったように思います。
東京を少しだけ田舎にしたような感じ…と言えば通じるでしょうか。

大きな建物があったりして、意外と都会でした。

それにしても皆さん優しくて、道に困っていたら日本語で話し掛けてくれる人もいたりして…

本当に微笑みの国なのだなぁと。

次、もしバックパッカーする機会があったらNZか台湾がいいなぁと思います。^^


[PR]
by freedom-com | 2017-07-01 13:40 | タイ | Comments(0)

ありゃりゃ?

あらら?いつの間にか6月も終わろうとしている…(;O;)

タイに行ったのも遠い過去ですね><
お久しぶりです!freedomです。

e0370699_21272658.jpg

タイでの出来事は、少しずつ書きたいと思います。
ただ、撮った写真も、ほとんどがネコばかりで…笑


宿泊したゲストハウスにも猫がいましたし、ゲストもネコを連れ込んでいたりしたので…><

とにかく感想としては
行って良かったなぁという
ぼんやりとした感想しか思い浮かばないです。

この写真はローカルな人しか行かないマーケットでの写真…
英語も通じなかったので、オーナーさんがタイ語を英語に訳してくれたりして買い物をしましたよ~!
とても楽しかったのです!


写真も含めて色々と回想していきたいと思います^^



[PR]
by freedom-com | 2017-06-22 21:31 | タイ | Comments(0)

なんだか楽しい!!

タイに来て3日目。

いまだに友達ができません。。。

でも楽しい!なんだかすべてのことが自分の意志で動いている感じがする。

自分で食事を食べる屋台を選んで、寝たいときに寝て、起きたい時間に起きる。

こんな当たり前のことが、すべて自分の意志でできていると思うととても不思議です。

日本にいるときは仕事があるから起きる。食べなきゃ体調が悪くなってはいけないと思うから食事は欠かさない。

タイではどうなろうと、自分の責任で逆に言えばすべて自分次第なのだと思いました。

そう、だから、自分から友達を作ろうとしていない今、日本だったら人当たりがいいからという理由で簡単に友達なんて作れた。でも今は海外で暮らしていて、なかなか友達はできません。でも、楽しい。なんでだろう??不思議だなぁ。。。

[PR]
by freedom-com | 2017-02-11 19:17 | タイ | Comments(0)

いつの間にか日は過ぎて

明日からタイへ行きます!!


前準備とか色々しようと思ってブログを始めたのですが、いつの間にか前日になってしまいました。

持って行き忘れたものがあっても、バンコクなら何でも買い足せるだろうという甘い考えからあまり準備はしていません><


バックパッカーということで、いろんな人と出会って刺激的な1か月にしたいと思っています。

今読んでいる本は堀江貴文の『本音で生きる』という本です。
この本の中では、私がいいなぁと思う心理学、アドラー心理学について結構触れられています。
今流行りのアドラー心理学ですが、その中でも『嫌われる勇気』という本を扱っていて、他人に振り回されない生き方が書いてあります。

ホリエモンと私って、仕事に対する姿勢がなんとなく似ているな、セミドライだな、と思います。私は気に入らない(仕事の目的達成の足手まといになるという意味で)ことがあると、たとえそれが上司であっても直接言っちゃうんですよね。
「これって、こうしたほうがいいんじゃないですか」
「なぜそのような考えになるのですか」^^;
嫌な後輩、部下ですよね
別に他人からどう思われようと、気にしません(仕事においては)
「調和なんてとらなくていい!」
本当にそう思います。仕事では!
給湯室で私の悪口が言われていた時、私は本人に向かって「私の悪口を言うのはやめてください」と言ったし。
ホリエモン、なかなかいい考えを持っているなぁ

実はホリエモンの本は他にも読んだことがあるのですが(もう捨てちゃったしタイトルは忘れてしまいました)結構良かったですよ。

プライベートの延長線上での付き合いはしたくないですね。いわゆる付き合いでの飲み会もほとんど行きませんしね。もちろん、相手が困っていれば助けますけれど、それは目標達成に支障が出るからであって「仕事ができると思われたい」とか「良い人に見られたい」とかそういった感情ではありません。

べたべたした付き合いは好みませんが、決して超ドライというわけではありませんよ。

直近で働いていたところは「freedomちゃんて、ほんと天然で面白い」「いつも元気で明るくて朗らかだよね」と言われていました。仲を悪くしようとすることとドライなことは違うと思うんです。自分を曲げることもないですし、過大評価も卑下もする必要なんてないんです。自分を全面に出して働ければ、とってもいいことですよね。

そういう意味では直近の職場は環境がとても良かったです。

辞めたことは後悔はしていませんが、いい経験になりました。

そういうわけで、『本音で生きる』は読みやすいですしおススメであります。

freedom.com

[PR]
by freedom-com | 2017-02-08 20:13 | タイ | Comments(0)

つらつらと書いています。


by ドリー